成熟していることが大切

昔別れてしまった時は、お互いがまだ若くてきちんと人間もできていなかったという場合が多いです。そのため、復縁を考える時は、過去に比べて成長していることをお互いに確認できないときちんとお付き合いできない可能性があります。これは男女ともに言えることで、復縁したいと思っても相手の男性が昔よりもダメ男になっていた場合は、復縁する気はなくなるでしょう。

復縁工作を依頼する前はたいてい探偵事務所の方から素行調査や素性調査をすることをおすすめされますが、相手の情報をきちんと把握するためであって、利益を上げるためだけではありません。復縁するだけの価値があるかどうかわからない場合には特に、安易に依頼しないように気をつけましょう。

復縁工作のプロを見つけよう

個人で復縁できるという人は個人で挑戦すればよいですが、高年収になった元カレ、大出世している元カレとの復縁が失敗するともう再修復はできず、女性としてはチャンスを失うことになるでしょう。そのため、確実に復縁に成功したい場合は、プロに依頼することを忘れないようにしましょう。

素行調査だけでなく、復縁工作としてターゲットとの接触やターゲットの連絡先や居場所の追跡、再会するための場を整えるなどさまざまな準備もやってくれます。個人では偶然を装って元カレと出会って、強制的に会って話せるように環境を整えることはできないのでお金がかかってもプロに任せるほうが失敗は少ないです。

依頼料金も必要

復縁工作を探偵に依頼する場合は、素行調査に5万円ほどかかるのが相場です。復縁工作の依頼は、30万円から60万円ほどかかる場合が多いです。また、最初の相談の時点では1時間10000円から15000円かかるため、総額で70万円ほどかかると考えていたほうが良いでしょう。この復縁工作には難易度が決められるため、難易度が高い場合には料金は更に高くなって依頼料金が100万円を超えることもあります。

また、気をつけないといけないのが探偵に依頼すると実費が追加で請求されるということです。ターゲットを追跡するのにかかったガソリン代金、交通費、ターゲットが飲食店に入った場合には同じお店で飲食する料金が加算され、追跡の関係上2人で調査するため、人件費が追加されるような所もあります。依頼料金は無視できるものではないので、きちんと計算して生活が苦しくならないようにしましょう。また、お金を使いすぎると復縁後にパートナーに気づかれる可能性もあるので気をつけましょう。