意外と喧嘩別れのほうが復縁しやすい?

どの程度の喧嘩だったのかにもよりますが、お互いの別れた理由がただの喧嘩の場合、その争いで相手を本当に嫌いになったのかがポイントになります。本気で心の底から相手が嫌いで喧嘩になったのか、卵に醤油をかけるか、胡椒をかけるかというようなレベルで喧嘩になったのか、その争いが何だったのかを思い出すところからやる必要があります。

勢いで喧嘩別れしてしまったけれど、別れてしばらく相手を好きだと思う気持ちがありながら、意地になって仲直りできなかったのであれば復縁は意外と成功しやすいかもしれません。ただし、相手が意地になるか、あなたが維持になってしまうか、どちらかに争いやすい性質がある場合は、それを根本的に改めないとまた喧嘩をしてカッとなって別れるというようなことになるかもしれません。

素行調査をするのは同じ

復縁前に相手がどんな状況なのかを把握するのは非常に大切です。ターゲットと必要に応じて工作員であることを伏せて接触し、過去の恋愛の話や別れた女性の話なども聞き出さないと、どうアプローチすればよいか計画がたちません。

依頼者を信じないわけではないですが、依頼者が一方的に付き合ったと思いこんでいるだけで、実際男性からすると付き合っている気がなかった、遊んでいるだけだった、体の関係だけだったというような発言があった場合は、本当にそれでも復縁を望むのか、依頼者の気持ちを確かめる必要もあります。双方の分析ができて、やっと本格的な対策ができるので素行調査はたとえお金がかかってでもやってもらったほうが良いです。

相談と素行調査だけでも可能

素行調査をすれば、相手が何を考えているか、相手がどこにいるかもある程度把握でき、仕事、生活、交際ステータス、SNSアカウント、写真、趣味などその人のかなり詳細に至るまでを分析できます。その情報があれば、あとはどんなアプローチをすると良さそうか、担当者や調査員から教えてもらう相談やカウンセリングを受けて、あとは個人で対応していっても良いでしょう。

連絡のとり方や話の仕方、再会のきっかけなどを用意してもらうのもありですが、予算を抑えて、自分の力で最後は復縁したいという方は自分で挑戦するのも良いでしょう。素行調査で相手がよく立ち寄る場所をリサーチしておいてもらえば、そこで偶然を装って再会して、昔話もできるかもしれません。