復縁のきっかけづくり

復縁するためには、相手と連絡をとりあうところから始めなければいけません。相手からの反応があるか不安になるかもしれませんが、まずは復縁工作をしてもらって実際に、町中で偶然を装って出会うことができて、そこそこ話もできればLINEなどでの連絡もできるかもしれません。

また、工作員の協力を得て相手の男性にLINEブロックや非表示を解いてもらったり、依頼者の新しいLINEを工作員経由でターゲットに共有するようにしたりするのもありです。男性工作員がターゲットと仲良くなってから、知り合いの女性を紹介すると言って、あなたを紹介するような形にすれば自然な形で連絡先を交換でき、グループラインなどにしてもらえば、アドバイスやフォローなども最初だけしてもらえるかもしれません。

自然で偶然な関係を作ること

復縁工作をして再会したことがバレるとよく思わない人も多いので、あくまで偶然を装い、工作員だとバレずに、自然に再会しているということを貫き通さなければいけません。

工作員とあなたの関係も偽装して、取引先の関係や友人の友人など、自然かつ有り得そうな関係を伝えて、ターゲットを納得させつつ、連絡をきちんと取り合える状況を作る必要があります。工作員とターゲットの関係も重要で、ターゲットの方が工作員に対して、紹介してくれた人を無碍に扱うのが失礼だと思えるくらいの状況にしておく必要があり、事前準備や工作に時間を掛ける必要もあります。

事前の調査は大切

ターゲットにコンタクトをとる前に、相手があなたのことをどう考えているのか、相手の交際ステータスがどうなっているかなどをリサーチしておかないと復縁がそもそも難しくなってしまいます。交際している人がいる場合は、しばらくはすぐに付き合うという状況にできないため、久しぶりに会うだけでなく、友達という関係でも連絡を取り合っていかないといけない状況にしなければいけません。

相手が素行調査の時点で付き合っている人がいる場合は、その人と分かれる可能性があれば、別れるのを待つか、別れさせ工作をし、復縁希望のあなたが相手の心のすきをついて相手に選んでもらえるようにする必要もあります。事前の素行調査、素性調査がきちんと出来ていれば、工作もターゲットへのアプローチも成功しやすいので少しお金はかかりますが、復縁工作の探偵事務所での相場5万円を出して、素行調査をするのはケチらないほうが良いでしょう。