既婚元旦那との復縁は無理かも

結婚していた元パートナーと離婚して、その後しばらくしてからやはり元旦那のほうが良かったとして再婚するという事例もゼロではありません。これは子ども、夫婦にとって難しいことで時には事実婚のような形で復縁することもあります。

別れたり、くっついたりを繰り返していると子どもの精神状態も不安定になるため、できれば子どもの成長のことを考えれば夫婦は安定した関係でいるほうが良いでしょう。ただ、離婚後、元旦那が既に再婚していて、子どももいるような場合には復縁しようにも相手に既に家庭があれば復縁は難しいです。相手の家庭を別れさせてから復縁させるのは難しく、現実的ではないです。

既婚者と付き合っていて別れてからの復縁は?

いわゆる浮気、不倫関係で付き合っていた既婚者の彼と復縁する場合、相手が離婚しているか、まだ結婚しているのか、素性調査などを通してからであれば、復縁は不可能ではないでしょう。特に浮気や不倫関係であった場合は、また体の関係に戻るのは比較的簡単ですが、もし再度浮気がバレれば相手の男性の家庭崩壊は免れず、慰謝料などの請求は男性にも、依頼者にも協力した探偵にも向けられてもおかしくはありません。

複雑な関係で復縁したいという場合は、絶対にばれないように場を取り繕う必要もあるため、時には転職や引っ越しもしないといけないかもしれません。会う時にも集合場所、待ち合わせ場所を工夫し、ホテルに入る時にもタイミングをずらすなどの対処をしないといけないかもしれません。

まずは相談と素行調査をしよう

離婚後なのか、まだ結婚しているのかなど、相手の状況がいまいちわからないという状態のことは多いので、電話占いなどを頼って相談するのも良いですが、探偵の認定を受けている会社に素行調査をしてもらって、具体的に復縁の可能性があるのかどうか確かめると良いでしょう。復縁可能性があればそのまま復縁工作をしてもらってなんとか再びお付き合いするのも良いかもしれませんが、可能性がないならばその時点で諦めるしかありません。

結婚している人を離婚させるリスクはかなり大きいことと、法的な問題があるために探偵事務所でも別れさせ屋でもなかなか受けてくれない可能性があります。未婚のカップルであれば別れさせ工作もできるかもしれませんが、確実に誰かが不幸になるので因果応報、何か辛いことが降りかかる可能性は覚悟して復縁工作や別れさせ工作を依頼するようにしましょう。