自然消滅後の状況を確認

元カレとお付き合いしていたはずが、忙しさや大学の研究などの大変さでどんどん疎遠になっていき、連絡も取らなくなっていって結局納得のいかないまま別れたような状況になると、どこかで心にしこりが残ったり、いまいちパッとしない状態になったりします。

自然消滅で一番困るのは、本当に別れているのか、そもそも付き合っていたという認識でいてよいのかという点で、場合によっては付き合っていたというところから間違っていた可能性もありえます。

特に男性側で付き合っていた意識がない場合は復縁するかどうかではなく、きちんとお付き合いするかどうかから始めることになるため、再び2人が出会って一から恋愛としてスタートする必要があるでしょう。

まずは思い出してもらおう

自然消滅した場合、男女ともに相手に申し訳ないという気持ちがあったり、気まずいという気持ちがあったりするものです。そのため、復縁工作を仕掛けるときにはお互いに偶然を装って出会って、工作員がその仲介役になるように仕向けるのが一番です。

一度話し始められればひとまずはOKで、昔は昔、今は今と割り切って考えられるように男性の意識を仕向ける必要があります。連絡先の交換ができればあとは昔のような恋心をもたせられるように、あなたの魅力や女性としての成長を伝えつつ、男性に復縁できそうだと思わせることが大切です。気まずいという思いを断ち切って、また仲良くしようと思ってくれれば、男性の方が熱が上がってアプローチしてきてくれるかもしれません。

また付き合えるかは相手次第

自然消滅してしまった相手との再会、復縁は普通に別れた時、喧嘩別れした時に比べると取り組むことが難しい場合もあります。お付き合いできるかどうかは、相手の気持ち次第で復縁せきるかどうか変わるのは当然ですが、自然消滅では既に相手があなたに興味を完全に持っていない可能性もある上、また自然消滅するかもしれないので、恋愛でも少し異なったアプローチをする必要があります。

プロの復縁工作員に任せながらも、きちんと相談してメッセージの方法やアプローチの方法を提案してもらうと良いでしょう。また、相手の居場所や所在地、素行調査などがうまくいかないこともあり、相手を見つけるだけでも時間がかかることもあるため、覚悟はしておきましょう。復縁工作をしてくれる探偵事務所での素行調査はだいたい5万円ほどですが、それよりも多くの予算が必要になるかもしれません。